DRYLABを支援するイービーエムのORGANOID®

DRYLAB

DRYLABとは?

WETLABの前段階であり、シミュレータ等の人工物を使用した練習を意味します。WETLABでは実際に生体組織を使用するため、臨場感のある手技練習が可能ですが、個体差が存在するため、全く同一の組織を活用して練習を重ねることができません。一方シミュレータを活用したDRYLABでは、生体組織程のリアルな感触をモデルで再現することは不可能です。しかし、DRYLABではモデルの高い再現性、物性の選択的再現が可能であるため、基礎手技の反復練習、手技デザインの確立や、ご自身の訓練効果の確認を目的とした手術スキルの定量評価などが行えます。他にも、適切なモデルを選択することで、手技の術前シミュレーションや、病態組織、脆弱組織における手技を経験することができます。

ORGANOID®とは?

ロボットの世界では、ヒューマノイドロボット(Humanoid Robot)という言葉がよく聞かれます。この”-oid”とはラテン語で”もどき”という意味であり、”humanoid” とは、すなわち”人間もどき”を意味します。イービーエムでは、社名のとおりEngineering Based Medicineをコンセプトとし、従来とは異なったアプローチで手術訓練モデルの開発を行ってきました。実際に手技を施すモデルにおいては、見た目のみではなく感触のリアリティー、さらには当該手術手技において重要な物性が充分に再現されていることが大切です。手術訓練モデル開発に際してイービーエムが重視していること、それは、
 1. 生体から学ぶ
 2. 手術訓練にとって大切なパラメータの見つけ出す
 3. 高度なモデル成型技術によってモデルを作り出す
ことです。
効果的な手術訓練を実現するために最高のモデルを創り上げたい。その想いをORGANOID (Organ-oid)という名に込めました。

来るべきその日のために

大学での研究、国内・海外での試作評価・学会発表を通してこれまでに1,100人以上の外科の先生方と手術訓練に関してディスカッションを重ねてきました。その中には、「すぐにでもこのモデルを使って訓練を行いたい。」という若手の先生が多数いらっしゃいました。練習熱心な若手の先生から「今はまだ臨床で手術はさせてもらえない。しかし、来るべきその日のために、今こうやって日々練習している。こうやって練習できるということが、外科医として非常に励みにもなる。」という言葉をいただきました。日々の臨床業務に忙殺されながらも、来るべきその日のために腕を磨き続ける先生方をイービーエムで支援させていただけないでしょうか?BEATを個人的に購入し日々吻合手技の研鑽に勤しむ先生が、2010年より急速に増加しております。

医局員の募集に

BEAT, YOUCANを活用したSimulation Trainingでは、未だ手術を体験したことのない入局希望者に対して、Excitingでありながら非常に奥深い血管吻合の世界を体験してもらうことが可能です。

手技コンテストの開催に

Simulation Trainingを医局で成功させるコツは、トレーニングを重ねた先生に対するInsentiveの提供にあります。是非、医局・研究会・学会等でコンテストを開催してみてはいかがでしょうか?日常的訓練の成果を発揮する場が存在することで、日常的トレーニングの目標となります。

学術研究に

近年、良質なSimulation Trainingを世界が求めています。特に米国では、Resident educationにはSimulatorが積極的に採用されております。Simulation Trainingにおいては、Simulatorの「効果と限界」を正確に理解し、その上で適した教育プログラムの設定が重要です。このTraining programに関しましては、各施設ごとの創意工夫が発揮されるフィールドであり、多くの研究要素があります。国際学会では今後Simulation Training, Resident trainingというKey wordに更なる注目が集まっていくと考えられます。是非、日本発の素晴らしいSimulation Training Programを世界に御発信いただければ幸いです。EBMは全力でサポートさせていただきます。

ORGANOID 吻合手技訓練用冠動脈モデルYOUCAN

YOUCANと書いて、”ヨウカン”と読みます。開発当初、見た目が非常に羊羹に似ており、また医師使用することで”You Can”、という意味を込めYOUCANと名付けました。冠動脈バイパス手術におけるEnd-to-side anastomosisの練習を目的として開発いたしました。Recipientは冠動脈前下行枝(LAD)、Graftは内胸動脈を対象にモデリングいたしました。血管吻合練習を必要とされる領域であれば、心臓外科に限らず多くの領域でご活用いただけます。サイズ、強度の異なるモデルを各種用意しておりますので、是非お試しください。

(NEW!!) YOUCAN-Sを2010年8月1日に発売開始いたしました。「YOUCAN-EX, -Hでは難易度が高く、直ぐに引き裂けてしまう」「もっと強度のあるモデルが欲しい」という現場の先生方の声に応えるため、新たなシリーズYOUCAN-Sを完成いたしました。こちらは従来と異なり、Diamond Side to Side anastomosiにも耐える引き裂き強度を有しており、吻合訓練の初期段階、若しくはモデルに負荷のかかる吻合手技の訓練に最適です。現在、国内学会ではYOUCAN-Sを中心にコンテスト, Wet Labセッションで使用しております。

(米国STS近況)2010年11月20日, STS NY州支局が主催するWet LabセッションにBEAT, YOUCANが採用されました。弊社朴がBEAT, YOUCAN-Sを持参しCardiac ResidentsにPresentationを行います。この模様はブログ、お知らせ等でご紹介させていただきます。

YOUCAN

 

特徴

1. Tethering
冠動脈側(recipient)を切開した際に血管が周方向に開く、血管の自己拡張機能を有しております。これにより、丁度ブロワを当てたような切開口が得られ、一人で吻合手技を行うことができます。本機能はイービーエムの特許技術により製作されております。YOUCAN-Sは強度を重視した設計のため、YOUCAN-H, EXに比して切開口の拡大は若干小さく設定されております。

2. Multi layer構造
血管内外のコントラスト、吻合練習に適した物性を再現するために血管は多層構造を有しております。内層、中層、外層の各物性を制御することで、手術訓練に望ましいモデルを成型可能としております。

3. 物性の制御
次の写真はモデル吻合時の様子を高速度カメラによって撮影したものです。吻合において最適な物性パラメータを抽出し、再現するため、イービーエムでは早稲田大学において基礎実験を繰り返してきました。基礎データに基づき工学的アプローチによってYOUCANは製作されております。

YOUCAN
高速度カメラによる吻合手技の撮影

4. BEATとの連携によるOPCAB練習
YOUCANをBEATに取り付けることで、リアルな手術環境下にて吻合訓練を行うことができます。最大限のトレーニング効果を発揮するため、YOUCANはBEATとのセット販売となっております。YOUCANのみの販売はいたしておりませんが、BEAT-S1ご購入後追加でご購入いただけます。

5. 練習ペース、必要個数
吻合後、グラフトをカットすることにより、YOUCAN 1個で4~5吻合程度を置くことができます。毎日医局での練習を希望される先生もいらっしゃれば、術前のイメージトレーニングのために使用される先生もいらっしゃるため、一概には言えませんが、最初は1週間に1~2回のペースを維持できれば良いと思われます。まずは練習のための場所、時間を設定し、無理なく続けられることが重要と考えます。なお、初期導入時には(BEAT 1台+YOUCAN 100~200個 ×人数)という構成が一般的です。ご注文は1セット単位(10個入り)で承っておりますので、お気軽にお申し付けください。

6. Training Gallery
YOUCANは生体とは異なりそのまま常温で保存できるため、いつでも・どこでも・何度でもご自身の練習結果を振り返ることができます。イービーエムでは吻合済みYOUCANのより詳細な評価に関しても、ご相談を承っております。

7. Simulator Trainingの意義
Simulator Trainingの意義は、モデルの再現性にあるとEBMは考えます。全く同じモデルを吻合し続けることで、吻合デザインの検討、手技の微細な変化を捉えることができます。このことは学術的にも研究段階にあり、工学研究者と外科医のコラボレーションにより今後多くの知見が得られることが期待されております。

 

YOUCAN

対象手技

心臓血管外科、脳神経外科、美容外科、形成外科、眼科等の領域における血管吻合

種類

発売中内径 2.0mm (脆弱モデル、健常モデル、高強度モデル)
近日発売予定内径 3.0mm (脆弱モデル、健常モデル、高強度モデル)
脳血管モデル


価格

研究が技術を生み
技術が事業を育て
事業が研究を支える

イービーエムでは“いのち”に向き合い続け、頑張る先生方を少しでも応援したいという想いから、研究・開発段階においてコスト低減を意識しております。そのため、最初からギリギリの最低価格による明瞭な定価表示をさせていただいております。
先生方から頂戴いたしました商品代金は、次代を担う若手エンジニアたち、素晴らしい技術を持つ国内ものづくり企業群らとの連携の下で新たな開発に挑戦するために活用させていただきます。また、一部は日々革新的技術開発に挑戦するアカデミアへの研究費としても活用させていただきたいと思っております。どうかご理解いただければ幸いです。

吻合手技訓練用冠動脈モデル YOUCAN
Coronary model 10個、Graft model 10本のセットです。

※パッケージデザインは予告なしに変更になる場合がございます。

CodeStrengthGraft dimensionsPriceDifficulty
YOUCAN-EX2Fragile評価訓練用冠動脈標準モデル(上級)
Φ in 2mm, 長さ 100mm, 壁厚 0.4mm (10個入り)
各冠動脈は固定台座に埋め込まれており、切開時に切開口が自己拡張します。米国・日本国内の各学会コンテストで標準的に使用されているタイプです。廉価版のYOUCAN-LITEと異なり、吻合済みモデルをそのまま保管することが可能です。

 
¥39.800Extra-High




YOUCAN-S2Strong評価訓練用冠動脈標準モデル(初級)
Φ in 2mm, 長さ 100mm, 壁厚 0.4 -0.6mm(10個入り)
各冠動脈は固定台座に埋め込まれており、切開時に切開口が自己拡張します。米国・日本国内の各学会コンテストの練習用として標準的に使用されているタイプです。熟練者のコンテストでは、YOUCAN-EX2が使用される場合が多いです。
繊維層を含有しており、高い引き裂き強度が特徴です。
¥39,800Low, the best model to start.
LITE20-EXFragileDin 2mm, Length 100mm, wall thickness 0.4mm (10個入り)
練習用廉価版モデルです。固定台座と組み合わせて使用します。
¥24,800Extra-High
LITE20-SStrongDin 2mm, Length 100mm, wall thickness 0.4mm (10個入り)
練習用廉価版モデルです。固定台座と組み合わせて使用します。
¥24,800Low, the best model to start
LITE00-YOUCAN-LITEシリーズと組み合わせて使用する固定用台座です。何度も使用できますので、経済的です。¥1,980

お見積り・ご注文

総販売元 イービーエム株式会社  TEL: 03-5737-2884  担当  新家 shinke@ebmc.jp 朴 park@ebmc.jp

消耗品のご購入には是非、オンラインショップもご活用ください。 

 

ORGANOID 心拍動下冠動脈バイパス手術訓練装置 BEAT-S1

BEAT

BEATはOff-Pump Coronary Artery Bypassにおけるスタビライザーを装着した際の冠動脈の拍動を再現しています。アクチュエータには形状記憶合金を使用しており、任意の拍動数、拍動パターン、振幅をダイヤルひとつでリアルタイムに調節可能です。また、特殊なフレキシブルジョイントにより、心臓表面の任意の位置、姿勢に調整・固定できます。YOUCANとBEATがあれば、ベッドサイドテーブルとコンセント一口で場所を選ばずに吻合訓練を行える設計であり、このデザインにたどり着くまでに延べ1,100人以上の心臓外科医とディスカッションを繰り返しました。現在までに国内、米国、韓国、豪州に導入済みです。

BEAT
ピッツバーグ大学に導入されたBEAT-S1

BEAT
Society of Thoracic Surgeons(米国胸部外科学会) Wet Labコースでの正式採用
(2009.1 in San Francisco, Course director: Prof. John D. Puskas)

早稲田大学技能研修室の様子。週1回5吻合を2年以上継続し、現在350吻合以上の訓練を達成した30代前半の先生もいらっしゃいます。「同じモデルを同じクオリティーで吻合し続けること」を目指すには、高い再現性を有するYOUCANが最適です。最近の学会では、YOUCAN-Sが多用されておりますが、トレーニング歴の長い先生(50吻合〜100吻合以上)はEXを愛用し、より難易度の高い修練を積むことで、臨床における自信を深めております。

特徴

1. 人工筋肉によるスムーズな拍動
BEAT-S1は特殊な形状記憶合金Biometal®を使用しております。従来の空気駆動、モータ駆動と異なり、非常にスムーズかつ静かな拍動を再現します。心拍数は50, 55, 60, 70, 80bpmに設定されており、拍動パターンは3パターンです。また各拍動パターンにおいて3段階の拍動強度を設定できます。

2. 海外出張にも持って行けるポータビリティー
BEAT-S1は工具なしで分解、組み立てが簡単にできます。BEATの構成部品一式はすべて付属のOAキャリーバッグに入るため、全世界どこへでも持ち運びが可能です。ご愛用の手術器械一式と縫合糸も入れておけば、いつでも・どこでも吻合練習が可能です。もし医局に学会バッグがございましたら、そちらにお入れいただくことも可能です。米国東部にて現地心臓外科医のホームパーティーにも持参したことがございますが、その場で手術談義が始まったこともあり、先生のアイデア次第で使い方が広がってくると思います。

BEAT

3. 吻合練習用に開発された特殊LED照明
BEATの照明は、特殊LED照明のパイオニアであるトキ・コーポレーション株式会社との連携により開発されました。トキ社はラスベガスのカジノや、六本木ミッドタウンのイルミネーションを手掛けた実績を有しており、BEATの開発に当たっては蓄積されたノウハウを最大限活用いたしました。

4. 説明書のいらない簡単さ
BEAT-S1を組立て拍動させるまでには5分とかかりません。コントローラの電源スイッチを入れ、STARTボタンを押すだけで拍動を始めます。

5. 自宅のリビングルームに飾っておきたくなるデザイン
BEATはデザインにこだわりました。「いかにも手術訓練」というマネキン型ではなく、常に手元に置いておきたくなるような、他の人に見せたくなるような手術訓練の新しいカタチをイービーエムは模索して参りました。是非ともご自宅でご家族の見える場所に設置していただき、色々な方々とのコミュニケーションツールとしてもお役に立てれば大変うれしく存じます。

6. アイデア次第で幅広い用途
ORGANOID® BEATは医局に設置してトレーニングに使用する本来の使い方以外にも、工夫次第で様々な用途が考えられます。これまでの実例を挙げましたので、是非ともご参照ください。

(1) 医学部生への手術体験
早期に外科手術の奥深さ、面白さを体験してもらうツールとして非常に有効とのコメントをいただいております。教育カリキュラムにもオリジナリティーや効果性が求められる最近では、特色ある研修制度の整備に積極的な医療機関にBEATやYOUCANの導入を検討していただいております。

(2) 小・中・高校生への手術体験
学会や大学を通じて小・中・高校生に対し手術体験会を開催したことがございます。普段は決して触れることがない外科という世界に対し、親近感と驚き、そして感動を覚えた学生がたくさんいらっしゃいました。

(3) 手術器械のデモ
手術ロボット、スタビライザー、鋼製器具、縫合糸等の学会デモ、マーケティング活動において非常に効果的なプレゼンテーションを行うことができます。これまでにも大手医療機器メーカー様のご依頼により、BEAT-S1によるデモを実施いたしました。

(4) 市民シンポジウムでの手術体験
(2) と同様に、外科手術の難しさ、奥深さを体験することでリスクとその効果について、より直観的に理解することができるようになる可能性がございます。

(5) 患者へのインフォームドコンセントツール
これは米国での体験ですが、CCUに設置したBEATを使う心臓外科医に対して、患者さんが声をかけている姿を見た時、ORGANOID®はインフォームドコンセントツールとしての可能性を有していることを実感いたしました。賛否両論ございますが、手術のリスクや方法を直観的に理解してもらう一つの手段として考えられると思います。

(6) 病院玄関での展示
非常に注目度の高い展示としてご活用いただけます。

(7) 教授室のディスプレイ
某大学医学部長のデスク上でBEAT-S1は今日も拍動を続けています。車好きの先生の要望により、赤色の特別仕様BEATを製作したことがございます。

(8) 自宅リビングルーム
今日も臨床業務に追われトレーニングの時間をとれなかった・・・。という状況でも、ご自宅に1台有ることで、いつでも、何度でも先生の技術を磨き続けることができます。

(9) 術前のシミュレーション
手術前日のイメージトレーニングの精度を高めるため是非ともBEATを活用したい、との声を現場から頂いたことがございました。BEATは先生方の持つ想像力を阻害しないよう、シンプルなデザインへと幾度となく改良を重ねてきました。翌日に控えた手術イメージを重ねてBEATを使用することで、よりリアルな吻合練習を行うことができます。

傷だらけのBEAT

BEATが発売されて2年以上が経過いたしました。初期出荷のBEATの中には、そのジュラルミンのボディが傷つき、日常トレーニングに大いに活用されたことを物語るものもございます。BEATの筐体は、あえて大田区の特殊な板金技術を用い、ジュラルミンで製作しております。キズの一つ一つがトレーニングの歴史を語り、その歴史が次世代の心臓外科医を育成していくような、時を超えるシミュレータを目指して設計いたしました。現在(2010年9月)ユーザーの15%以上が、個人購入という選択していらっしゃいます。是非とも、先生方の良きパートナーとしてBEATをご活用いただければ、これに勝る喜びはございません。キズだらけのBEATが世界に増えていくことを願っております。

対象手技

心臓血管外科、脳神経外科、美容外科、形成外科、眼科領域の拍動下における血管吻合

仕様

ダウンロード資料

BEAT-S1組立マニュアルUpdate 2009/6/2BEAT-S1 Instruction manual ver.1.1.pdf

価格

研究が技術を生み
技術が事業を育て
事業が研究を支える

イービーエムでは“いのち”に向き合い続け、頑張る先生方を少しでも応援したいという想いから、研究・開発段階においてコスト低減を意識しております。そのため、最初からギリギリの最低価格による明瞭な定価表示をさせていただいております。
先生方から頂戴いたしました商品代金は、次代を担う若手エンジニアたち、素晴らしい技術を持つ国内ものづくり企業群らとの連携の下で新たな開発に挑戦するために活用させていただきます。また、一部は日々革新的技術開発に挑戦するアカデミアへの研究費としても活用させていただきたいと思っております。どうかご理解いただければ幸いです。

ORGANOID® 心拍動下冠動脈バイパス手術訓練装置 BEAT-S1

CategoryCodePrice
本体セット(YOUCAN 20個付き)BEAT-S1620,000

 

お見積り・ご注文・試用に関して

総販売元 イービーエム株式会社  TEL: 03-5737-2884  担当  新家 shinke@ebmc.jp 朴 park@ebmc.jp

消耗品のご購入には是非、オンラインショップもご活用ください。 

個人購入ユーザーのコメント(Review Report Programより)

島根大学循環器呼吸器外科

Q BEAT, YOUCANを購入して良かったと思えることは何ですか?

A 血管吻合のトレーニングに非常に役立っている。

Q 何故、個人的に購入しようと思い至りましたか?

A どこでも好きな時に空いた時間を使って練習できるため。

Q BEAT, YOUCANによるトレーニングを特にどのような先生に勧めたいですか?

A これから術者を目指す若手の先生

Q 今後はどのようなモデル・シミュレータの開発に期待されますか?

A 弁形成、弁置換のシミュレータ、大血管吻合のシミュレータ、内胸動脈や橈骨動脈、大伏在静脈採取のシミュレータ

 

※ Biometal® はトキ・コーポレーション株式会社の登録商標です。

仕様は予告無く変更する場合がございますので、ご了承ください。

本ページの無断転載、改変を禁止いたします。