代表取締役社長 紹介

本日は弊社ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

イービーエム株式会社は2006年8月9日に大学発学生ものづくりベンチャーとして、町工場がひしめく東京都大田区にて創業いたしました。私は修士と博士課程の合計5年間、そして現在も引き続き外科手術訓練シミュレータの開発、および外科技能の定量化に関する研究を行っております。弊社最初の製品である冠動脈バイパス手術訓練装置YOUCAN(ヨウカン)・BEATは1000人を超える国内外の外科医、早稲田大学の学生・先生、町工場、行政、医療機器メーカーの方々の支援によって完成しました。

Team イービーエムの想いはひとつです。
「技術向上を目指す医師の想いに応えたい!命に一生懸命な医師を支援したい!」
その想いが具現化できたとき、多くの命が救われ、多くの幸せが医師から患者に贈られることになると信じております。

社名のイービーエム(EBM)とは、通常医学の世界で用いられるEvidence Based Medicine(根拠に基づいた医療)ではなく、Engineering Based Medicine(工学的見地に基づいた医療)の略であり、私の師である梅津光生先生が提唱されたコンセプトです。Engineering Based Medicineによって、少しでも外科領域の発展に貢献できるよう日々努力いたします。今後とも皆様もご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

イービーエム社長の仕事

夢を見出し、未来を描く
夢を語り、人をつなげる
夢を具現化し、周りの人を幸せにする

プロフィール
朴栄光(ぱく よんがん) 1981年12月10日生まれ

学歴:
Australia Nowra Technology High School/都費留学
芝浦工業大学高等学校/卒業
芝浦工業大学システム工学部機械制御システム学科/卒業
早稲田大学理工学研究科生命理工学専攻博士前期課程/卒業
早稲田大学理工学研究科生命理工学専攻博士後期課程/単位取得退学
早稲田大学理工学研究科/博士(工学)

略歴:
2004年4月文部科学省知的クラスター創成事業「岐阜大垣地域ロボティック先端医療クラスタープロジェクト」研究開始
2006年3月自家用操縦士(飛行機)免許取得(陸上・単発/米国ホノルル国際空港)
2006年8月イービーエム株式会社創業 代表取締役 就任(現職)
2006年10月早稲田大学理工学術院21世紀COE客員研究助手 就任
平成18年度大田区「明日のものづくり広場」委員
2008年3月文部科学省知的クラスター創成事業 完了
2008年7月University of Pittsburgh Medical Center, Heart, Lung and Esophageal Surgery Institute客員研究員
2008年10月早稲田大学理工学術院GCOE 客員研究助手
2009年10月大田区観光大使
2010年4月早稲田大学 先進理工学部 共同先端生命医科学専攻 助手
2011年10月世界経済フォーラム Global Shaper 選出
2012年1月世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)招待参加
2012年6月Methodist Hospital DeBakey Heart & Vascular Center, Visiting Research Fellow
2014年4月福島県立医科大学心臓血管外科 博士研究員(現職)
2016年5月日本心臓血管外科学会Off-the-job traiing普及推進委員
2017年2月世界手術教育フォーラム発起人 事務局長

会社概要

社名イービーエム株式会社
設立日2006年8月9日
住所

【本社】

〒143-0013 東京都大田区大森南四丁目6番15号 テクノFRONT森ヶ崎 508号

TEL 03-5737-2884, FAX 03-6893-1754

【工場】(医療機器製造業登録工場)

同上 203号

【ふくしま製造開発センター/FIST (Fukushima Institute of Surgical Training)】

〒960-8055 福島県福島市野田町3丁目5番15号

会社外観 会社外観(夜) 社内廊下
資本金1,000万円
役員構成代表取締役 朴栄光
事業内容
  1. 医療用機器,医薬品の研究・開発・製造・販売および輸出入
  2. 医療用生物試料の加工,販売及び輸出入
  3. 医療に関する講演会,講習会,研修会の開催
  4. 医療に関する映像,書籍等の制作及び販売
  5. 医療に関する情報の収集・処理・提供サービス
  6. 前各号に付帯する一切の業務
主要取引銀行三菱東京UFJ銀行 日本橋支店、日本政策金融公庫 大森支店、三井住友銀行 大森支店、さわやか信用金庫 大森南支店
主要取引先

国内:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、マッケ・ジャパン株式会社、セント・ジュード・メディカル株式会社、日本カノマックス株式会社、福島医科大学、東京理科大学、早稲田大学、工学院大学、北見総合病院、国際生理学会、日本冠動脈外科学会、日本心臓血管外科学会、日本冠疾患学会、日本胸部外科学会、関西胸部外科学会、東京女子医科大学、久留米大学、熊本大学、宮崎大学、鹿児島大学、関西大学、大阪大学、国立循環器病センター、鳥取大学、横浜市立大学、東京医科大学、日本医科大学、日本医科大学附属北総病院、順天堂大学、癌研有明病院、東京大学、慶応大学、藤田保健衛生大学、名古屋大学、名古屋赤十字第一病院、静岡市立病院、その他国内多数

BEAT: 国内120施設以上に導入済み(2014年6月現在) 個人購入のケースが増加しております。

The United States:Prof. Robert L. Kormos (University of Pittsburgh Medical Center), Prof. John D. Puskas (Emory Crawford Long hospital), Purdue University, Denison University, Society of Thoracic Surgeons Wet Lab, Society of Thoracic Surgeons (STS), Methodist Hospital

Europe Union:Delft University of Technology

Korea:Medtronics Inc., Korean University, St. Mary’s hospital

Australia:Macquarie University the Australian School of Advanced Medicine, CSIRO Minerals

公的資金採択実績
  1. 平成18年度特定研究開発等計画に係る認定企業(関東経済産業局)
    プロジェクト:高分子難加工材を用いた血管モデルチューブ成形用金型の開発,及び成形条件の確立
  2. 文部科学省知的クラスター創成事業
    岐阜・大垣地域ロボティック先端医療クラスタープロジェクト「冠動脈バイパス手術訓練装置の開発」の研究成果に基づき創業
  3. 平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援補助金(経済産業省)
    心臓外科手術訓練装置における多層構造血管モデルの試作開発(P213130392 / 補助金交付額 金17,847,733円)
  4. 平成23年度ものづくり新製品・新技術実用化緊急支援事業(東京都大田区)
    国際的医工連携基盤によるマイクロ外科手技訓練用精密血管モデルの実用化開発(補助金交付額 金5,000,000円)
  5. 平成24年度新製品・新技術開発支援事業助成金(東京都大田区)
    心臓外科医とものづくり起業家の連携による即時手技評価機能を有する弁形成手術用サイザーの試作開発(補助金交付額 金5,000,000円)
  6. 平成24年度文部科学省科学研究費補助金(早稲田大学 学術研究として)
    血管吻合手技シミュレータによる訓練効果の医工学的評価と効率的カリキュラムの確立(補助金交付額 金3,800,000円)
    研究代表者:早稲田大学先進理工学部助手 朴栄光
  7. 平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金(金10,000,000円)
  8. 平成25年度新製品・新技術開発支援事業助成金(東京都大田区)(金5,000,000円)
  9. 平成25年度ふくしま医療福祉機器開発事業補助金(金144,000,000円)
  10. 平成26年度ふくしま医療福祉機器開発事業補助金(金144,000,000円)
  11. 平成26年度ふくしま医療福祉機器開発事業化事業費補助金(金290,000,000円)
受賞暦2005年9月 生体医工学会ベストリサーチアワード(共著者)左心室形成術における切除線決定のための診断法の開発
2006年2月  第2回キャンパスベンチャーグランプリ東京大賞
2006年3月  第2回キャンパスベンチャーグランプリ全国大会テクノロジー部門大賞
2006年3月  文部科学大臣賞受賞
2006年7月  第9回早稲田ベンチャーフォーラム最優秀賞・ポピュラー賞
2007年8月  IEEE EMBS Japan Young Investigators Competition 2nd Prize
"Quantitative Evaluation for Anastomotic Technique of Coronary Artery Bypass Grafting by using In-vitro Mock Circulatory System"
2011年10月 World Economic Forum, Global Shaper選出
2012年1月 World Economic Forum 2012 年次総会(ダボス会議)招聘
2012年10月 第1回明日の象徴:ヘルスケア基盤部門(推薦者 川口順子元大臣)
2013年2月 Japan Venture Award 2013受賞
2014年6月 第1回大田の工匠 Next Generation受賞
2015年11月 メディカルクリエーションふくしま2015 大賞
2017年2月 第2回ふくしま産業賞 福島民報社賞(第2位)

アクセス

電車 : 東京モノレール 「昭和島」駅下車 徒歩10分 昭和島駅からの徒歩詳細地図ダウンロード
※避難橋を渡って直ぐ左の水門をお通りください(近道)敷地内は通り抜け出来ます。
バス :
 京浜急行バス 「森ヶ崎」又は「大森東5丁目」下車 徒歩5分 (蒲田駅東口発(京急蒲田駅経由)又は大森駅東口発(大森海岸駅経由) ― 「森ヶ崎」又は「大森東五丁目」行き)
お車で : 首都高速「羽田IC」7分, 来客用駐車場がございます。駐車後、管理室にイービーエム訪問の旨をお申し出ください。
成田空港から : リムジンバス「羽田空港行き」
羽田空港から : 東京モノレール「昭和島駅」下車、又はタクシー20分 (約2,700円)(東京労災病院の並びです。)